まつげエクステの料金はいくらぐらい?

まつげエクステは目力がアップしてメイクの時間も大幅に短くする事が出来るので興味を持っている人も多いでしょう。
ではエステサロンでまつげエクステを施術してもらうといったい料金はいくらぐらいかかるのでしょうか?
サロンや地域によって料金は異なりますが、相場は両目60本で4000〜5000円、80本なら5000〜6000円ぐらいが目安となります。

 

しかし中には「まつげエクステつけ放題で3980円」というエステサロンも存在します。
 
一見非常にお買い得価格のように見えますが、なぜ安い料金で提供出来るのかその裏の仕組みも理解しておきましょう。
格安店の安さの理由はまつげエクステの素材にあります。まつげエクステの素材は3種類あり、
セーブル→ミンク→シルクの順に品質が落ちてしまいます。そして国産よりも輸入品の方が品質が落ちてしまうと言われています。
格安店で使用されているまつげエクステは輸入のシルクの可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

シルクなど毛質が固いので目に違和感を感じたり、日持ちがしないなどのデメリットもあります。
エステサロンの料金だけ見て安いと飛びついてしまうのは危険です。

 

また同じまつげエクステの素材を使用していても料金が異なるケースがあります。
それはエステサロンのスタッフの技術力です。
エステティシャンには国家資格が存在しないため技術力はお店によって大きくバラつきがあります。
そのためいくら格安でも技術力が低いエステティシャンに施術されるのは怖いですよね。
そのためまつげエクステの品質と日持ちする期間、そしてエステティシャンの技術力をトータルで考えて
コストパフォーマンスのいいエステサロンを選ぶ事をお勧めします。

まつげエクステを2倍に長持ちさせる方法

まつげエクステをエステサロンでしてもらうと1回で5000円以上の料金になります。
そして日持ちは3週間〜1ヶ月程度と言われています。
月に1度の割合でエステサロンに通っていたら、年間で6万円もの出費です。
まつげエクステに6万円の出費はキツいという人のためにまつげエクステを2倍長持ちさせる方法を紹介します。
2ヶ月日持ちすればエステサロンに通う回数も半分に減らせるので負担が少なくなります。

 

まずまつげの選び方がポイントです。太くて長いまつげエクステは物理的に落ちやすくなります。
また目がしらや目じりはカールが強いと落ちやすいので弱めのカールを選びようにしましょう。

 

そして洗顔にはクレンジングはオイル成分が含まれないものを選んで下さい。
まつげエクステの部分は洗顔時にゴシゴシとこすってはいけません。同様の理由で顔を拭く時に強く押し付けてはいけません。
まつげエクステはドライヤーで冷風を2〜3分当てましょう。わざわざドライヤーで乾かすの?と思われるかもしれません。
しかし髪の毛だって濡れたまま寝てしまうと傷んでしまいますよね。
それと同じでまつげエクステも濡れたままでは傷んで落ちやすくなってしまうのでドライヤーで乾かすようにして下さい。

 

寝る時にも注意が必要です。うつ伏せで寝ているとまつげエクステに負荷がかかっている恐れがあります。
うぶ伏せを避けて、そして寝ぼけて目を擦る事がないように注意して下さい。
そして1番重要なポイントがまつげ美容液マスカラで根毛をお手入れする事です。
根毛がしっかりケアされるので、まつげエクステの日持ちが全然違ってくるので試してみて下さい。
 

更新履歴